上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌市がブランディングを行なう札幌スタイル認証製品と、
ミハルスのセレクトした北海道の作家モノ、食べ物を集めた企画
「hatsuyuki」が昨日で無事に会期を終えました!

ご来店頂きました皆様、本当にありがとうございました!

物産展のとはひと味違った北海道の魅力を楽しんで頂けましたでしょうか?

IMG_2442.jpg

IMG_2420.jpg

IMG_2485.jpg

IMG_2446.jpg

IMG_2453.jpg

IMG_2467.jpg

IMG_2472.jpg

IMG_2481.jpg

IMG_2392.jpg

IMG_2399.jpg

IMG_2431.jpg

IMG_2432.jpg

the bridgeで開催していた「ナガイキロク」と合わせてご覧になって
頂いた方もいらっしゃったようで、本当に嬉しい限りです。

ご来店頂きました皆様、そして、今回、九州の大分県という北海道から離れた
土地での企画開催に快くご協力して頂いた、出展作家の皆様、
札幌スタイル関係者の皆様、本当にありがとうございました。


嬉しいことに、またやって欲しい!との声も頂きましたので、
また来年の初雪の時期に開催出来たら、と考えています◎

今回お取り扱いしていた商品で、もし何か気になるものがありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さいね◎


hatusyukiが終わったミハルスですが、今週の通常営業を経て、
来週末からは年内最後の企画「阿南維也展」を開催します。

詳しい内容はまたお知らせします!


本当にありがとうございました!!

スポンサーサイト

北海道産の有機栽培フルーツや野菜にこだわって、
ジャムとパテを作られているchillout cookさんから、
季節のパテが届きました!!

キノコとハーブがたっぷりの、秋冬の香りのパテです。

IMG_2375.jpg

そのままパンやチーズと合わせたり、
蒸かしたジャガイモと合えるだけで、
簡単絶品なタパスに!

オリーブオイルを足してエビやカキなどの魚介と合えたり、
クリーム系パスタの隠し味にも◎

ジャムの紹介はこちら

http://miharusblog.blog.fc2.com/blog-entry-132.html

店舗を持たずにイベントを中心に販売をしているため、
札幌でもなかなか手に入らないジャムとパテ。

この機会にいかがですか??

札幌市内の小さな工房で手作りの陶器や磁器を中心に、
雑貨作りをされているpo-to-boさん。

hatsuyukiでは、その中から札幌スタイル認証製品に選ばれている
雪や氷をモチーフとしたアクセサリーをお取り扱いしています。

<スノーフレークヘアゴム>
12078418.jpg

雪模様の磁器パーツを使ったヘアゴムです。

全7色 各525yen


<雪と氷のバラリング>
18111595.jpg

雪をイメージした白磁のバラと、
氷をイメージしたブルーの釉薬のかかったバラのリング。

リングのサイズは、9号からのフリーサイズですので、
プレゼントなどにもオススメです。

雪のバラ 1,365yen
氷のバラ 1,575yen


<スノーボールキャンドル>
11252465.jpg

雪玉をイメージして作られたキャンドル。

ろくろでひいた磁器製の器の表面を、1つずつ手で削り、
雪玉のような表情を作り出しています、

11252465_o1.jpg

光を通す磁器の器を使用しているので、
火を灯すとうっすらと明かりを透かしてくれます。

使用しているロウは、国産の蜜蝋なので、
ススが出にくく香りも穏やか。持ちも良いです。

使い終わった器は、小物入れやお花を活けたりと、
いろいろとお使い頂けます。

2,100yen


※使用している画像は全て、po-to-boのweb shopよりお借りしました。



前回前々回に引き続き、ウッドクラフトの紹介です。


<木のZOO>

社会福祉法人 草の実会 草の実工房もくが作られている、
木製の動物パズルです!

IMG_2325.jpg

札幌スタイルの認証製品でもあり、
札幌市の円山動物園のオフィシャルグッズにも認定されています。

IMG_2318.jpg

一枚の木材から動物を切り出し、丁寧に角にヤスリがけをすることによって、
触り心地の良い柔らかな質感に仕上げています。

IMG_2315.jpg

遊び終わってしまう時は、パズルの要領でピタッと。

こちらでご紹介した以外にも、5種類セットがあります。

無塗装仕上げなので、お子さんのいらっしゃる方へのプレゼントなどにはもちろん、
大人が遊んだり飾ったりしても、シンプル動物たちの様子がなかなか楽しませてくれますよ♪♪


前の記事でご紹介したon the deskに引き続き、ウッドクラフト作品の紹介です。

木そのものが持つ「個性」を活かしたデザインのアクセサリーを作られている、
Guchicoさんのリングとペンダントをご紹介します。

IMG_2312.jpg

まずはリングです。

IMG_2281.jpg

木の本来の表情を活かすため、全て無着色で、
一点一点手作業で丁寧に磨き上げられています。

ツヤツヤスベスベしていて、いつまでも触っていたくなる質感…

それだけでなく、実用性にも非常にこだわって作られています。

IMG_2267.jpg

リングの内側が黒っぽいのがわかるでしょうか?
これは、内側に外側と違う木材を使用し、二重構造になっているからです。

なぜ二重構造にしてあるのかというと、強度を出すためです。

強度が低くなりがちな木製リング。

Guchicoさんのリングは全て内側にコクタンを使用することによって、
普段使いでは割れたりすることの無い高い強度のリングに仕上げられています。


ペンダントも木の表情が活きています。

こちらは「蕾」と名付けれられた作品。

IMG_2291.jpg

大きめの蕾と、

IMG_2298.jpg

その三分の一程のサイズの小さな蕾のペンダントトップです。

小さな方は、特に女性にお勧めです。


リングもペンダントトップも、
角度や光の加減によって違う表情を見せてくれるので、
見ていて飽きることがありません。

こちらでご紹介した以外にも、シルバーのラインの入ったものや、
よりシンプルなデザインのリングなどもありますので、
ぜひ実際にご覧頂ければと思います!


金属のように冷たくなることの無い木製のアクセサリー。
肌寒くなるこれからの季節でも、自然に肌に馴染んでくれますよ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。