上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月27日から読書週間がスタート!

今年は大分朝読書コミュニティBunDokuさんとホントノセカイがコラボしていただだけることになりました!





image_201511020950334b5.jpg

第17回哲学カフェ
あなたにとって、読書とはなにか

日時/2015年11月3日(火・祝)18:30~21:30
場所/大分市中央町周辺
費用/1,500円(学生1,200円)(1ドリンク・フード代込み)
定員/20名
持ち物/特になし
申込/BunDoku哲学カフェ
申込締切/11/2(月)昼12:00まで





参加者同士の「対話」によって、自分の考えを深めるきっかけにする「哲学カフェ」。


性別や年齢、環境の違うさまざまな方たちから、いろいろな考えを聞くこと。

そして自分も考えを発言すること。

その繰り返しによって自分の考えが少しずつ変わったり、深みを増したり。
そんな他では得がたい経験ができるイベントです!



「ちょっとむずかしそうかも…」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。
スタッフも以前参加させていただきましたが、まったくそんなことはないです!
ひとそれぞれの違う考え、その「単純ではない」、「多様性」、をそのままに楽しむことができました。


「本がすき」「本を読むことがすき」そんな方はぜひお気軽に参加してください◎





またイベント内のドリンク・フードは四分休符が担当します。

イベントだけの特別メニューをご用意しますので、こちらもどうぞおたのしみに!




みなさまのご参加をお待ちしています ♩




スポンサーサイト

11874351_1025881224112257_1908013301_o.jpg

去年の11月に開催した企画「ホントノセカイ/ホントノフェス」で少しだけご紹介したプロのクリエーターが作るZINE「マチオモイ帖」。

このマチオモイ帖展がスケースアップして「大分展」として開催することになりました!



my home town わたしのマチオモイ帖

『日本中がマチオモイ2015 大分展』



11248696_1029391420427904_7292303638229571723_o.jpg

「マチオモイ帖」とは「町」を想う「帳面」。

日本各地のクリエイターが、大切なふるさとの町、学生時代を過ごした町や今暮らす町など、それぞれのオモイが詰まった町を、自分だけの目線で切り取り、手の中に入るぐらいの冊子や映像にして、展覧会などで届けるプロジェクトです。

大分県内で初の「マチオモイ帖」展を、商店街に面した空き店舗を活用したイベントスペース「FL▲T」で開催いたします。 

今回は「日本中がマチオモイ2015」出展作品のうち新作(ブック220点及び映像作品30点※予定)と中国地方より西の地域を対象とした作品を中心に展示します。



<<開催日時>>
2015年9月8日(火)~2015年9月15日(火)
会期中無休/入場無料

■メイン会場/FL▲T(フラット)
大分市中央町1丁目5番25号 新大分ビル1F

平日 13:00~20:00
土日 11:00~19:00

■サテライト会場/赤レンガ
大分市府内町2-2-1 大分銀行赤レンガ館1F「赤レンガ」

平日:9:00〜17:00(夜はこちらは早く閉まります)
土日:9:00〜19:00

※サテライト会場には「海外のマチ」を対象にしたマチオモイ帖が並びます。(映像作品をのぞく)
※メイン会場とサテライト会場で開館時間が異なります。ご注意ください。


<<関連イベント>>
●マチオモイなフリーペーパーコレクション/会期中メイン会場FL▲T

大分でセレクトショップ等の運営をするミハルスが「マチオモイ」な視点でセレクトしたフリーペーパーを展示いたします。一部、お持ち帰りいただけものもありますので、お楽しみに!

●大分マチオモイサロン/9月12日(土) 18:00〜19:30頃

大分県のマチオモイ帖の作者を中心に、それぞれのマチオモイ帖について来場者の方も交えて「マチオモイ帖」についてはもちろん、それぞれの思い出の場所や出来事についてお話をしましょう。
どなたさまでもご自由にご参加ください。


<<アクセス>>
大分市中央町1丁目5番25号 新大分ビル1F
JR大分駅から徒歩10分


<<お問い合わせ>>
おおいたマチオモイ実行委員会(たなかみのる)
メール:post@para-base.net
電話:090-3666-2058

主催: おおいたマチオモイ実行委員会
共催: わたしのマチオモイ帖制作委員会
協力: ミハルス、創造の場づくり実行委員会
後援: 大分合同新聞社


イベントの様子などのお知らせは、Facebookのイベントページでもご紹介していきたいと思います!

みなさんのお越しをおまちしております◎




写真 2014-11-11 18 05 29

Miharus_Room201(お店)の方のブログやTritter、Facebookではお知らせしていましたが、先週末より期間限定でオンラインショップがOPENしました!

MIHARUS Online Shop


先月末開催した「GET READY 2015」で展示販売していた年賀状やカレンダーがお買い求めいただけます。
お店のブログでもご紹介しているので良かったらご覧になってみてくださいね◎

【GET READY 2015】CALENDAR
【GET READY 2015】NEW YEAR CARD



年賀状は12月28日(日)ご注文分まで、
カレンダーは1月31日(土)ご注文分までとなっています!

Miharus_Room201店頭でも継続して販売中。
残り少なくなっているものもありますのでぜひお早めに!





写真 2014-11-11 18 05 29

来年はもうすぐそこ。
「2015年」のための準備をしませんか?

大分のクリエイターがつくった
オリジナルの年賀状&カレンダーを展示販売します!

誰かに見せたくなるような個性的な作品ばかり。
ぜひお気に入りをみつけてくださいね!



■会期■
11月13日(木)~23日(日)

※17日(月)・18日(火)店休日
※22日(土)は別会場『ゴヤ!on FL▲T』へ出張展示
 くわしくはこちらから↓
 ゴヤ!on FL▲T


■会場■
大分市ガレリア竹町アーケード内 wazawazaビル2F
Miharus_Room201内



■出展者■

-井上和子(TABITE LABO)/デザイナー
-江柳/画家
-越田剛史(Design totte代表)/グラフィックデザイナー
-たなかみのる(パラボラ舎)/グラフィックデザイナー
-長門敦(デザインマップ)/デザイナー
-なかむら葉子/イラストレーター
-西口顕一/デザイナー
-松本江里加
-Kamino
-kushi kushi/作家
-SHOCK/デザイナー
-Zn/デザイナー

(五十音順)



今週よりアーティストによるカレンダー&年賀状の企画展「GET READY 2015」がスタートしました!

get readyは「支度をする」、という意味。
11月もなかば、今年ももう終わりか…とちょっとユウウツにも感じるこの時期。
ぜひ大分のクリエイターがつくったカレンダーや年賀状で、楽しく来年の準備をしていただけたら嬉しく思います!



それぞれの作品はMiharus_Room201のブログでくわしくご紹介していきます◎

オンラインショップでの販売も準備していますのでお楽しみに!





写真 2014-11-11 23 25 32 (2)

11月8日(土)には『ホントノセカイ』のイベント「ホントノフェス」を開催しました!





写真 2014-11-11 23 25 33 (2)

写真 2014-11-11 23 25 33 (1)

写真 2014-11-11 23 25 33

写真 2014-11-11 23 25 32

写真 2014-11-11 23 25 32 (1)

会場の広いテーブルにはMiharus_Room201でお取扱い中のフリーペーパーがぎっしり。
おおまかなジャンルごとにバックナンバーがずらりと揃いました!


来場された方々はゆっくりと会場内のテーブルを回ってお好みのフリーペーパーをチェックされていました。





写真 2014-11-11 23 25 34

カモシカ書店さんセレクトのデザイン洋書500円均一コーナーもとても好評でした!
個人的に「欲しいな…」と思っていたものもあっというまに売れてしまいました(笑)。





写真 2014-11-07 10 01 43

大分県初登場となったプロのクリエーターが作るZINE「わたしのマチオモイ帖」。
ひとつひとつを手にとってゆっくりとご覧になる方が多かったです!


「わたしのマチオモイ帖」11日より2015年の募集がスタートしたようです。
またどんな新しいマチオモイ帖を見ることができるかとても楽しみです!

くわしくはこちらから↓
わたしのマチオモイ帖 http://machiomoi.net/






『ホントノフェス』翌日の11月9日にはカモシカ書店さん・本倶楽部大分(ブックラブおおいた)さん主催の『ぶんぶくまつり 2014』も開催されました。
大分の本のお祭りで大分市で初めてとなる「おおいた一箱古本市」などのイベントがありました!

「おおいた一箱古本市」にも参加させていただき、いろいろな方とお話しすることができて本当に楽しかったです◎



今回の『ホントノセカイ』はいわゆる「普通の本」ではない「新しい本」がメインでした。

カモシカ書店さんの古本や一般書店には置いていないような珍しい本。
またフリーパーパーやzineなどの形式にとらわれない新しい文化を感じる本。

今回の期間中にはカモシカ書店の岩尾さんをはじめ、多くの方と『本』についてお話しする機会がありました。
技術や物流の進歩の影響、活字離れ…そんな出版業界のリアルを実感してみたり。
それでも『本』が好きな人達の好奇心やエネルギーに触れてみたり。

『あたらしい本とのセカイ』、
そして『本がすきなひと』。

今回の『ホントノセカイ』ではミハルスが一番そんな世界に出会う機会をいただいた気がします!

本当に楽しくて貴重な体験ばかりの読書週間となりました!



『ホントノセカイ』に
ご来場いただいたみなさま、
ご協力いただいたみなさま、
本当にどうもありがとうございました!







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。