上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

濃密で、親密で、そして、秘密。

愉快な明日のために。


大人たちの作戦会議

密談夜会





あなたは、お休みの日にどこに行きますか?
誰と、何をして遊びますか?

「大分」には行く場所がない、遊ぶところがない、
とよく耳にはしませんか?


次の休みが退屈なら、
明日の仕事が楽しくなければ、
このまちで生活するのはつまらない。


「今」行く場所がないならつくればいい。

「今」遊ぶ場所がないならみんなで遊べばいい。


じゃあ、何が必要?
じゃあ、何からはじめる?


みんなで集まって、相談しよう。
今すぐ明日を楽しくするために。


3月15日、「密談夜会」でお待ちしています。

詳細はまた後日。



※開催延期となりました。
開催日が決まりましたら、再度告知致しますので宜しくお願いします。






<会場>
To-tA(Top of the Archade)

大分市中央町3-5-16
ガレリア竹町商店街西口 wazawazaビル4F

<日時>
3/15(金) 19:00~(予定)

<参加費>
夜会+軽食付きの交流会セットで、1,000〜1,500円を予定。
夜会のみ、交流会のみの参加も可能。個別での参加費については検討中です。



参加費については、運営側・参加側共に出来るだけ負担が少なく、
継続的に開催出来る方法を取りたいと考えています。

そこで、割り勘の様に、参加者が多くなればなるほど、
参加費が安くなるシステムを検討しています。

今回の密談夜会の参加費については、現在調整中ですので、
決まり次第お知らせさせて頂きます。
関連記事
スポンサーサイト

今日ご紹介するのは、追加でセレクトしたこのちらの本です。

写真 2013-02-28 16 30 38bg

カルピス社員のとっておきレシピ


掲載されている69のレシピは、もちろんどれもカルピスを使ったもの。

写真 2013-02-28 16 33 20bg

フルーツや野菜、ジュースと合わせたものや、
アルコールを加えたカクテルなど、
そりゃ美味しいだろう!的なレシピが、
カルピス社員のコメントと一緒に並んでいます。


カルピスを使ったドリンクがメインかと思いきや、
この本のメインはむしろこちら。

写真 2013-02-28 16 32 25bg

“「カルピス」は調味料としても万能です。”


「カルピス=甘い乳酸飲料」という固定概念に捕われている人にとっては、
衝撃的な言葉と共に、様々な料理レシピが掲載されています(笑)


でも、実際に料理の内容を見てみると、
なかなかオシャレで美味しそうなレシピが!!

隠し味の甘みや、ほのかな酸味、まろやかさを加えられる調味料として使われているので、
ヨーグルトやマヨネーズを使う感覚に近いかもしれまんね。


ちょっと試してみたくなるレシピ満載の
カルピス社員のカルピス愛が溢れる1冊です◎

友達と一緒に作って食べてみたりするのも楽しそうですね♪



<これまで紹介した「ホンの一部」>
きこえる?/はいじま のぶひこ
森山大道 路上スナップのススメ/森山大道・仲本剛
第2図書係補佐/又吉直樹
偏愛的育児エッセイ はるまき日記/瀧波ユカリ
君曜日 ─鉄道少女漫画2─/中村明日美子 坂本ですが?1/佐野菜見
イラン人は面白すぎる!/エマミ・シュン・サラミ
午前0時の忘れもの/赤川次郎
怪談えほん いるの いないの/京極夏彦:作 町田尚子:絵
日本の七十二候を楽しむ ―旧暦のある暮らし―/ 白井明大:作 , 有賀一広:絵
世界から猫が消えたなら / 川村元気





晃星堂書店×ミハルス
ホントノセカイ

【会期】2013.2.21(木)〜3.3(日) ※26(火)定休日
【時間】11:00〜19:00
【会場】Miharus_Room201店内 (ガレリア竹町西口wazawazaビル2F)


関連記事

「ホントノセカイ」、会期も後半に差しかかったこともあり、
本が少なくなってきたので、今日は追加のセレクトに行って来ました!

写真 2013-02-27 18 39 52bg

10冊弱ですが、明日より新しく選書した本が並びますよ♪


さて、今日ご紹介するのは
つぶらな瞳の猫の表紙が目を惹くこちらの1冊。

写真 2013-02-27 17 02 42bg

世界から猫が消えたなら / 川村元気


主人公は、余命あとわずかと医者に宣告された30歳の郵便配達員。

目の前に現れた悪魔に「世界からなにか1つ消す」のと交換に、
「1日だけ命を延ばす」という取引を持ちかけられる。

今日もし突然、
チョコレートが消えたなら
電話が消えたなら
映画が消えたなら
時計が消えたなら
猫が消えたら

そして

僕が消えたなら


世界はどう変化し、人は何を得て、何を失うのか…



筆者は、『告白』『悪人』『モテキ』など数々のヒット映画を
世に送り出してきた映画プロデューサーの川村元気氏。

「命」や「存在」といった重いテーマが軽やかに語られ、
平凡な毎日や家族や周りの風景が穏やかにしみじみと大切に思えてくる作品です!



<これまで紹介した「ホンの一部」>
きこえる?/はいじま のぶひこ
森山大道 路上スナップのススメ/森山大道・仲本剛
第2図書係補佐/又吉直樹
偏愛的育児エッセイ はるまき日記/瀧波ユカリ
君曜日 ─鉄道少女漫画2─/中村明日美子 坂本ですが?1/佐野菜見
イラン人は面白すぎる!/エマミ・シュン・サラミ
午前0時の忘れもの/赤川次郎
怪談えほん いるの いないの/京極夏彦:作 町田尚子:絵
日本の七十二候を楽しむ ―旧暦のある暮らし―/ 白井明大:作 , 有賀一広:絵




晃星堂書店×ミハルス
ホントノセカイ

【会期】2013.2.21(木)〜3.3(日) ※26(火)定休日
【時間】11:00〜19:00
【会場】Miharus_Room201店内 (ガレリア竹町西口wazawazaビル2F)


関連記事

「ホントノセカイ」、会期もあと1週間となってきました。



狭い店内ですので、週末は混み合う時間もあり、ご迷惑をおかけしてすみません><
明日はお休みさせて頂きますが、水曜日からは営業しますので、ゆったり本を選びたい方は平日のご来店がおすすめです◎



それでは、今日はこちらの本をご紹介します。



写真 2013-02-25 17 23 26 (1)

日本の七十二候を楽しむ ―旧暦のある暮らし―/ 白井明大:作 , 有賀一広:絵




日本には二十四の節気と七十二もの季節があることを知っていますか?

一年を四等分した四季、
二十四等分した二十四節気、
そして七十二等分した七十二候。



写真 2013-02-25 17 23 47 (1)

各七十二候の名称は、気象の動きや動植物の変化を知らせる短文になっています。
ちょうど今の時期は「かすみはじめてたなびく」、というそうです。



写真 2013-02-25 17 23 56 (1)

その時々の旬の魚や野菜、果物、季節の花や鳥。
またその時季ならではの暮らしの楽しみや行事のことなどがオールカラーのイラストとともに紹介されています。


日本人として知っておきたい、かつての生活文化そのものが季節の中に凝縮されているのを感じます。

忙しい日々の中で失われがちな季節感を再確認させてくれる、ステキな1冊です!




<これまで紹介した「ホンの一部」>
きこえる?/はいじま のぶひこ
森山大道 路上スナップのススメ/森山大道・仲本剛
第2図書係補佐/又吉直樹
偏愛的育児エッセイ はるまき日記/瀧波ユカリ
君曜日 ─鉄道少女漫画2─/中村明日美子 坂本ですが?1/佐野菜見
イラン人は面白すぎる!/エマミ・シュン・サラミ
午前0時の忘れもの/赤川次郎
怪談えほん いるの いないの/京極夏彦:作 町田尚子:絵




晃星堂書店×ミハルスホントノセカイ

【会期】2013.2.21(木)〜3.3(日) ※26(火)定休日
【時間】11:00〜19:00
【会場】Miharus_Room201店内 (ガレリア竹町西口wazawazaビル2F)


関連記事

週末と言う事で、「ホントノセカイ」に多くのお客様にご来店頂いております!
来週は火曜日以外は営業しておりますので、ぜひこの機会に遊びにいらして下さいね。



それでは、今日ご紹介するのはこちらの絵本。

IMG_3734.jpg

怪談えほん いるの いないの / 京極夏彦:作 町田尚子:絵




おばあさんの住む古い日本家屋でしばらく暮らすことになった少年の物語。

IMG_3744.jpg

何だか気になる家の暗がり…



IMG_3737.jpg

暗がりに、だれかがいるような気がしてならない。



IMG_3738.jpg

気になって気になってしかたない…



とてもシンプルな物語が、独特の「間」を持った絵と文章で描かれています。



衝撃の結末に、大人でも「ゾワッ」とすること間違いなしの、怪談えほん。
小さなお子さんにはトラウマになってしまうかも…!?


怖い話がお好きな方に、ぜひ読んで頂きたい1冊です。





<これまで紹介した「ホンの一部」>
きこえる?/はいじま のぶひこ
森山大道 路上スナップのススメ/森山大道・仲本剛
第2図書係補佐/又吉直樹
偏愛的育児エッセイ はるまき日記/瀧波ユカリ
君曜日 ─鉄道少女漫画2─/中村明日美子 坂本ですが?1/佐野菜見
イラン人は面白すぎる!/エマミ・シュン・サラミ
午前0時の忘れもの/赤川次郎





晃星堂書店×ミハルスホントノセカイ

【会期】2013.2.21(木)〜3.3(日) ※26(火)定休日
【時間】11:00〜19:00
【会場】Miharus_Room201店内 (ガレリア竹町西口wazawazaビル2F)


関連記事

会期2日目!

ということで、すでも貰われて行った本もチラホラ…

今日は大分ケーブルテレビさんにも取材に来て頂きましたので、
気になる本がある方は、早めのチェックをオススメします!



さてさて、本日ご紹介する本はこちら。

写真 2013-02-22 16 10 36blog

午前0時の忘れもの/赤川次郎


三毛猫ホームズシリーズの著者でもある赤川次郎氏。

代表作にはユーモアミステリー小説が多いのですが、
この「午前0時の忘れもの」は、バスの転落事故で湖に沈んだ死者たちが、
愛する人たちに別れを告げに戻ってくるファンタジー小説です。


バス事故で恋人を失った女子高生、妻と息子を失ったサラリーマン、
片想いの相手を失った女性アスリート、夫を失った社長夫人、
そして、妻と孫を失ったヤクザの親分。


それぞれの登場人物の視点を通じて、生きることの切なさと命の輝き、
人を愛することの素晴らしさが描かれています。


読みやすくクセの無い文体ですので、
あまり小説などを読み慣れていない方にもオススメです◎



ホンの一部のご紹介は以上ですが、
今日はホントノセカイの楽しみ方を1つご紹介します。

ホントノセカイでセレクトした本の一部には、
このような付箋が付いているものがあります。

写真 2013-02-22 15 08 55

それぞれの意味は…

→気軽に手に取れる、ワインコイン以下の本。
→移動中などにサクッと読める短編集。
→blogやfacebookでピックアップした本。

となっています。
ぜひご覧になる際の参考にされて下さい♪♪



<これまで紹介した「ホンの一部」>
きこえる?/はいじま のぶひこ
森山大道 路上スナップのススメ/森山大道・仲本剛
第2図書係補佐/又吉直樹
偏愛的育児エッセイ はるまき日記/瀧波ユカリ
君曜日 ─鉄道少女漫画2─/中村明日美子 坂本ですが?1/佐野菜見
イラン人は面白すぎる!/エマミ・シュン・サラミ




晃星堂書店×ミハルスホントノセカイ

【会期】2013.2.21(木)〜3.3(日) ※26(火)定休日
【時間】11:00〜19:00
【会場】Miharus_Room201店内 (ガレリア竹町西口wazawazaビル2F)


関連記事

いよいよ本日よりスタートしました!

3/3(日)までの期間限定で、店内の一角にセレクトブックコーナーが出来ています♪♪

「本が好き」な方には、ぜひ立ち寄って見て頂きたいと思います^^

写真 2013-02-21 17 54 16

さてさて、「本が好き」という事について少し書かせて頂きたいと思います。

一般的に「本が好き」と言うと、日常的にかなりのペースで本を読む
「愛読家」というイメージではないでしょうか?

実際、自分もそういったイメージを持ちます。


だけど、日常的にそこまで本を読む訳ではないけれど、
「本という存在が好き!」という方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?


ミハルスの2人は「本が好き」です。
趣味が読書でなくても、本が好きです。

本屋で本を選ぶ時、本を読みたいと素直に思えたこと。
そう感じるひとは、きっとみんな「本が好き」なんだと思います。


そういった人たちが、もっと気軽に本と接することの出来る場所を作りたい、
というのが今回のホントノセカイのベースにあります。


今回ミハルスは、色々なリサーチを重ね、
思わず手にとってしまいたくなるような本をセレクトしました。

苦心したのも忘れるほど、本当に楽しい作業でした。

この本棚は「本が好き」なわたしたちの為の本棚になったと思います。


お時間が許せば、是非立ち寄って下さい。
気になる本があれば、是非買って読んで下さい。


スペースの関係でそこまでのボリュームはありませんが、
ここだから出逢える本があるかと思います。


このホントノセカイが、少しでも日常的に本を手にするきっかけとなれば幸いです◎
関連記事

いよいよ今週木曜日から!「ホントノセカイ」、スタートします。
明日は設営ですので、展示の準備の様子をfacebookやTwitterでも少しお知らせする予定です。


スペースの関係上、今回は約60冊、1冊ずつしかご準備出来ていません。。
気になる方はぜひお早めに遊びにいらして下さいね!



ではでは、本日ご紹介する本はこちら。

写真 2013-02-19 17 41 15

イラン人は面白すぎる!/エマミ・シュン・サラミ



こちらの本は新書です。
私自身のイメージですが、新書…というと難しい内容、というイメージがあります。
しかし、この本はこんな新書があったのか!というくらいかなり読みやすく、面白い内容です。


それもそのはず、著者の方はなんと吉本興業のタレントさん!
イランの首都テヘラン出身で、10歳の頃から日本で生活をし、2004年から芸人として活動をしている異色の経歴の持ち主です。


イラン、というとみなさまはどのようなイメージをお持ちですか?

日本で暮らすイラン人としていつも悲しく思うのは、イスラムに対する日本人の過剰な拒絶反応だ。
過激な反政府デモや核開発疑惑などから、イランといえば 「危険なテロリスト国家」というイメージが染みついてしまっている。


冒頭にこのような文章がありますが、確かに日本人はイランに対してネガティブなイメージを持っているかもしれません。


しかし、著者の語る実際のイランはそのようなイメージとは程遠い、陽気でユニークな国!
月収30万円のスーパー物乞い、命がけの5大聖地への巡礼、何でも神様のせいにしてしまう日常。。
まさに「面白すぎる!」イラン人のリアルが愉快なエピソードとして紹介されています。


「日本人にイランのことをもっと知って欲しい」という作者の誠意と熱意にあふれた1冊です。

イランやイスラム教について知りたい方も、
笑える面白い本を読みたい!という方にも、
オススメの1冊です◎





<これまで紹介した「ホンの一部」>
きこえる?/はいじま のぶひこ
森山大道 路上スナップのススメ/森山大道・仲本剛
第2図書係補佐/又吉直樹
偏愛的育児エッセイ はるまき日記/瀧波ユカリ
君曜日 ─鉄道少女漫画2─/中村明日美子 坂本ですが?1/佐野菜見





晃星堂書店×ミハルスホントノセカイ

【会期】2013.2.21(木)〜3.3(日) ※26(火)定休日
【時間】11:00〜19:00
【会場】Miharus_Room201店内 (ガレリア竹町西口wazawazaビル2F)


関連記事

「ホントノセカイ」では今回コミックも少数ながら販売します!
その中でも、本日は学生が主人公となっている2冊のコミックをご紹介します。

写真 2013-02-18 19 12 04

君曜日 ─鉄道少女漫画2─/中村明日美子


「学校の制服って何だった?」

大人にとっては学生服の頃の思い出は、ただ楽しいだけではなくて、ある種の切なさやまぶしさを持ったものだと思います。

写真 2013-02-18 19 11 52

「君曜日」は中学生の女の子「アコ」と、同じ塾の同級生の男の子を中心に進む初々しい恋のストーリー。
今となっては遠い当時の気持ちを、ほんの少し呼び起こされるような気がします。


この話は前巻となる短編集「鉄道少女漫画」の中の1作「木曜日のサバラン」からスピンアウトした作品。
気に入った方はぜひ前巻も合わせて読んでみてはどうでしょうか。




写真 2013-02-18 19 12 14

坂本ですが?1/佐野菜見


入学早々に学校中の注目を集める生徒「坂本」のクールすぎる!学園生活を描いたギャグ漫画です。

写真 2013-02-18 19 11 57

とにかくクール。そしてシュール。
坂本の行動全てにじわじわ笑いがきます。
もし学生時代にこの漫画があったら、絶対クラスでマネして流行っていただろうな…と思います(笑)。


新しい新世代のギャグ漫画、という評価も納得です。
シュールな笑いが好きな方はぜひ!




本日ご紹介した2冊のコミックスは、表紙カバーの下の絵柄や、表紙裏のデザインもとても凝っています!

ぜひ実物をお店で手にとってご覧になってみて下さいね。





<これまで紹介した「ホンの一部」>
きこえる?/はいじま のぶひこ
森山大道 路上スナップのススメ/森山大道・仲本剛
第2図書係補佐/又吉直樹
偏愛的育児エッセイ はるまき日記/瀧波ユカリ





晃星堂書店×ミハルスホントノセカイ

【会期】2013.2.21(木)〜3.3(日) ※26(火)定休日
【時間】11:00〜19:00
【会場】Miharus_Room201店内 (ガレリア竹町西口wazawazaビル2F)



関連記事

今日ご紹介するのは、こちらの1冊。

写真 2013-02-17 16 59 26

はるまき日記/瀧波ユカリ

漫画家 瀧波ユカリさんの育児エッセイです。
『臨死!!江古田ちゃん』というマンガをご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

「偏愛的育児エッセイ」と書かれている通り、シニカルな愛と大いなる妄想、
大人のホンネが満載の育児エンタメ・ノンフィクションです!

写真 2013-02-17 17 13 20

2010年11月から、2011年11月までの1年間の育児日記をまとめたもので、
所々に挟まれる挿絵の面白さも相まって、どんどん読み進めてしまいます。

育児日記ということで、筆者の愛娘「はるまき」に対する愛情で溢れているのはもちろんですが、
「赤ちゃん」という生き物が「子供」に成長してゆく過程も冷静に観察されていて、そのバランスが絶妙です!

実際に育児をされたことのある方と無い方で、感想が変わるかもしれませんが、
瀧波ユカリさんの育児に対する「楽しむ力」が溢れる1冊です◎



<これまで紹介した「ホンの一部」>
きこえる?/はいじま のぶひこ
森山大道 路上スナップのススメ/森山大道・仲本剛
第2図書係補佐/又吉直樹




晃星堂書店×ミハルス
ホントノセカイ

【会期】2013.2.21(木)〜3.3(日) ※26(火)定休日
【時間】11:00〜19:00
【会場】Miharus_Room201店内 (ガレリア竹町西口wazawazaビル2F)


関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。