上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は、先日届いたばかりの自家焙煎コーヒー豆と焼き菓子をご紹介します!

美味しいコーヒーはもちろんのこと、
コーヒーと共にあるフードや、空間にまで大変なこだわりを持つ
札幌の有名カフェ MORIHICOさんより送って頂きました。

IMG_2198.jpg

個人的にも大好きな場所で、帰省の際はいつも立ち寄らせて頂いています。

さて、そんなMORIHICOさんから届いたのがこちら。


<季節のコーヒー 2012 Noël-ノエル->
noel.jpg

MORIHICOが厳選して選び抜いた7種のコーヒー豆のブレンド。

カカオ、バター、ヴァニラ、チョコレート、洋ナシ、キャラメル、ハチミツ…
そんなイメージを彷彿させてくれるそれぞれの豆が熱い釜の中に入り、
北国にピッタリの素敵な世界を創り出します。

時間を忘れてしまうほどの深みのある甘い香り、トロリとしたマウスフィール、
そして寒さを忘れさせてくれる暖炉のようなほっとしたやすらぎを与えてくれる
季節限定のスペシャルブレンド。


<ムラング・フリュイ・ルージュ/ Meringue Fruits Rouge>
meringue.jpg

「ムラング(メレンゲ)」はヨーロッパ各地で昔から愛されている伝統菓子。

サクッとお口に頬張れば、優しいフレーズ(苺)の甘味が広がります。
トッピングの甘酸っぱいブラックベリーもマッチ。

見た目もかわいくプレゼントにもオススメです。

コーヒーや紅茶とご一緒にお楽しみください。


<ロシェ/Rocher>
rocher.jpg

ロシェ」とはフランス語で「岩」という意味。
ゴツゴツしている見た目から連想されています。

MORIHIKOのロシェはスライスアーモンドが入っていて、
風味豊か、そして甘いけど、しつこくなく、後に残りません。

サクサクの食感はコーヒーにもピッタリです。


<クロッカン オ ザマンド/Croquant Aux Amandes>
croquant.jpg

「クロッカン」とはフランス語で「カリカリッ」という意味。
名前の通りその食感はカリカリッとしてクセになります。

アーモンドとヘーゼツナッツがたっぷりと入っていて
甘さひかえめなクロッカン。

深煎りのコーヒーと相性バツグンです。


<コンゴレ/Congolais>
congolais.jpg

コンゴがフランスの植民地時代に、
身近にあるもので出来る簡単な菓子として
広まったというお菓子「コンゴレ」。

卵白、砂糖、ココナッツのみという素朴なコンゴレは
1つ1つ手でこねた手びねり菓子。

カリッとしてほのかに甘く、ココナッツの香りが後をひく、
優しいお菓子です。


<ビスコッティ/Biscotti>
biscotti.jpg

コロンブス時代に作られたフィレンツェ近郊のプラートが発祥地のお菓子。

カリッと堅くナッツの芳ばしさとほのかに甘い
シンプルなビスコッティはそのまま食べたり、
時にはカプチーノやラッテに浸して楽しんでみては。


<チーズサブレ/Cheese Sable>
cheese.jpg

パルメザンチーズのいい香りがたまらないサクサクのサブレ。

香ばしいチーズの香りとピリっとしたカイエンペッパーのお菓子は、
ワインやビールのおつまみにも合うサブレです。


※商品写真は、MORIHICOのwebsiteよりお借りしています。
※商品の説明文は、MORIHICOのwebsiteに掲載されているものを一部編集して使用しています。



どれも混じり気の無い、素直な素材の味が活きた上質なお菓子たちです。

香り高いコーヒーや紅茶、ワインなど一緒にお楽しみ頂ければと思います♪♪

なお、数に限りがありますので、売り切れの際はご了承下さい。。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks

    まとめ【【hatsuyuki】出展者】 ( 23:45 )

    今日は、先日届いたばかりの自家焙煎コーヒー豆と焼き菓子をご紹介します!美味しいコーヒーはもちろんの



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。