上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨年末より開催予定の告知だけはさせて頂いていた、
本にまつわる企画展「ホントノセカイ」の開催が決まりました!

ホントノセカイ2013J

2回目となる今回は、大分の老舗書店・晃星堂書店さんとのコラボで、
店内の一角に「あなたと本の新しいセカイが見つかる本棚」を開設。

書店で本を手に取ること。そして読むこと。

そのシンプルで奥深いセカイに触れるきかっけとなれば嬉しいです!



晃星堂書店×ミハルス
ホントノセカイ

【会期】2013.2.21(木)〜3.3(日) ※26(火)定休日
【時間】11:00〜19:00
【会場】Miharus_Room201 (ガレリア竹町西口wazawazaビル2F)




開催に至るまでの経緯を少しだけ。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、ホントノセカイは当初、昨年の秋頃開催の予定でした。
しかし、企画の内容や規模を見直すために延期をさせて頂いておりました。


一口に「本」と言っても、ジャンルや形態は様々。

どのような切り口で、何を取り上げるか。

内容にすごく悩み、ずっと考えていました。


そもそも面白い本とは?
面白い本屋とは何なのか?

ネットじゃなくて本屋で紙の本を買うということは?
本と人、本屋と街の関係とはどのようなものなのか?


色々と考えを巡らせて、たどり着いたのは、

「きっとわたしたちはもっと本を読みたい」

というシンプルな気持ちでした。


全然答えには足りないけれど、リアルな本屋と本には、
ネットのレビューやコメント、オススメ機能なんかよりも、
もっと湧き起こってくるみたいな深い欲求を動かすものがあるんじゃないかと思いました。


広くて深すぎる「ホン」とのセカイ。

だからこそシンプルに、本が好きな人たちが、
純粋に「本」と言うモノを楽しめる企画にしたいと思っています。


晃星堂書店さんのご協力もあり、面白い本棚が作れそうです!
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。