上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ホントノセカイ」、会期も後半に差しかかったこともあり、
本が少なくなってきたので、今日は追加のセレクトに行って来ました!

写真 2013-02-27 18 39 52bg

10冊弱ですが、明日より新しく選書した本が並びますよ♪


さて、今日ご紹介するのは
つぶらな瞳の猫の表紙が目を惹くこちらの1冊。

写真 2013-02-27 17 02 42bg

世界から猫が消えたなら / 川村元気


主人公は、余命あとわずかと医者に宣告された30歳の郵便配達員。

目の前に現れた悪魔に「世界からなにか1つ消す」のと交換に、
「1日だけ命を延ばす」という取引を持ちかけられる。

今日もし突然、
チョコレートが消えたなら
電話が消えたなら
映画が消えたなら
時計が消えたなら
猫が消えたら

そして

僕が消えたなら


世界はどう変化し、人は何を得て、何を失うのか…



筆者は、『告白』『悪人』『モテキ』など数々のヒット映画を
世に送り出してきた映画プロデューサーの川村元気氏。

「命」や「存在」といった重いテーマが軽やかに語られ、
平凡な毎日や家族や周りの風景が穏やかにしみじみと大切に思えてくる作品です!



<これまで紹介した「ホンの一部」>
きこえる?/はいじま のぶひこ
森山大道 路上スナップのススメ/森山大道・仲本剛
第2図書係補佐/又吉直樹
偏愛的育児エッセイ はるまき日記/瀧波ユカリ
君曜日 ─鉄道少女漫画2─/中村明日美子 坂本ですが?1/佐野菜見
イラン人は面白すぎる!/エマミ・シュン・サラミ
午前0時の忘れもの/赤川次郎
怪談えほん いるの いないの/京極夏彦:作 町田尚子:絵
日本の七十二候を楽しむ ―旧暦のある暮らし―/ 白井明大:作 , 有賀一広:絵




晃星堂書店×ミハルス
ホントノセカイ

【会期】2013.2.21(木)〜3.3(日) ※26(火)定休日
【時間】11:00〜19:00
【会場】Miharus_Room201店内 (ガレリア竹町西口wazawazaビル2F)


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。