上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大分中心市街地のトイレを舞台に現代アートの作品展が行なわれる、
トリエンナーレならぬ「トイレンナーレ」。

平成25〜27年の間に順次作品を設置していき、
27年にそれらを巡る現代美術展を開催する、
というプロジェクトとのこと。


おおいたトイレンナーレ-thumb-880x400-197


そのモデルとなる作品の展示公開が、
4つの会場(もちろんトイレ)で先日スタートしました◎


その1つがMiharus_Room201のあるwazawazaビルのトイレということで、
今こんな感じになっています!!



写真 2014-03-28 16 48 13


写真 2014-03-28 16 48 02


写真 2014-03-28 16 48 29

「北風と太陽」をモチーフにした、別府市出身の川崎泰史さんの作品です。


トイレに作品だなんで、どんな感じになるのやら…と思っていたのですが、
もともとの白壁と照明が活かされたなんともアートな空間になっていました!


残りの3会場は、iichico 文化総合センター、the bridge、若草公園。

若草公園は、映像作家ユニットのトーチカさんの作品で、先日点灯式が行なわれましたね。


春らしい気候の日も増えてきた今日この頃、
トイレを巡るアート散策なんてもの楽しそうですねー♪♪

ガレリア竹町エリアに来られる際は、ぜひ!!
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。