北海道のほぼ中央に位置する旭川は、
日本有数の“木のまち”“家具のまち”と呼ばれるほど
ウッドクラフトが盛んな地域。

それもあって北海道の人にとって、
ウッドクラフトはとても身近な存在なのです。

htsuyukiにも、様々なウッドクラフトが並んでいますので、
数回に分けてご紹介させて頂きます!


まずはこちら。

札幌スタイル認証製品でもある、
家具工房 santaroの「on the desk」シリーズです。

<カード立て>
IMG_2237.jpg

一見普通のカードスタンドのように見えるのですが、
カードを入れる切り込みにひと工夫があります。

IMG_2242a.jpg

カーブした切り込みによって、差し込んだカードを
安定してホールドしてくれるデザインになっています!

IMG_2239.jpg

名刺サイズはもちろん、ハガキサイズも
安定して差し込んでおくことが出来ます。

各630yen


<名刺ケース>
IMG_2243.jpg

非常に多くのお問い合わせを頂いているこちらの名刺ケース。
こちらも一見すると、普通の木製の名刺ケースのように見えるのですが…

IMG_2258.jpg

なんと全体が緩やかなカーブ状になっています!

IMG_2262.jpg

このカーブのおかげで、ケースにフタが無くても中の名刺が滑り出ることは無く、
程よい力加減でホールドしてくれます。

紙の厚さにもよりますが、最大15〜20枚程は収容可能です。

シンプルがいいけど普通じゃつまらない…
そんな名刺ケースを探している方にオススメです!

(イチイ) 6,300yen / (ウォルナット・メープル) 各5,250yen
※各種1点のずつの入荷です。



ぜひ、実際に手に取ってご覧になってみて下さい♪

今日は、先日届いたばかりの自家焙煎コーヒー豆と焼き菓子をご紹介します!

美味しいコーヒーはもちろんのこと、
コーヒーと共にあるフードや、空間にまで大変なこだわりを持つ
札幌の有名カフェ MORIHICOさんより送って頂きました。

IMG_2198.jpg

個人的にも大好きな場所で、帰省の際はいつも立ち寄らせて頂いています。

さて、そんなMORIHICOさんから届いたのがこちら。


<季節のコーヒー 2012 Noël-ノエル->
noel.jpg

MORIHICOが厳選して選び抜いた7種のコーヒー豆のブレンド。

カカオ、バター、ヴァニラ、チョコレート、洋ナシ、キャラメル、ハチミツ…
そんなイメージを彷彿させてくれるそれぞれの豆が熱い釜の中に入り、
北国にピッタリの素敵な世界を創り出します。

時間を忘れてしまうほどの深みのある甘い香り、トロリとしたマウスフィール、
そして寒さを忘れさせてくれる暖炉のようなほっとしたやすらぎを与えてくれる
季節限定のスペシャルブレンド。


<ムラング・フリュイ・ルージュ/ Meringue Fruits Rouge>
meringue.jpg

「ムラング(メレンゲ)」はヨーロッパ各地で昔から愛されている伝統菓子。

サクッとお口に頬張れば、優しいフレーズ(苺)の甘味が広がります。
トッピングの甘酸っぱいブラックベリーもマッチ。

見た目もかわいくプレゼントにもオススメです。

コーヒーや紅茶とご一緒にお楽しみください。


<ロシェ/Rocher>
rocher.jpg

ロシェ」とはフランス語で「岩」という意味。
ゴツゴツしている見た目から連想されています。

MORIHIKOのロシェはスライスアーモンドが入っていて、
風味豊か、そして甘いけど、しつこくなく、後に残りません。

サクサクの食感はコーヒーにもピッタリです。


<クロッカン オ ザマンド/Croquant Aux Amandes>
croquant.jpg

「クロッカン」とはフランス語で「カリカリッ」という意味。
名前の通りその食感はカリカリッとしてクセになります。

アーモンドとヘーゼツナッツがたっぷりと入っていて
甘さひかえめなクロッカン。

深煎りのコーヒーと相性バツグンです。


<コンゴレ/Congolais>
congolais.jpg

コンゴがフランスの植民地時代に、
身近にあるもので出来る簡単な菓子として
広まったというお菓子「コンゴレ」。

卵白、砂糖、ココナッツのみという素朴なコンゴレは
1つ1つ手でこねた手びねり菓子。

カリッとしてほのかに甘く、ココナッツの香りが後をひく、
優しいお菓子です。


<ビスコッティ/Biscotti>
biscotti.jpg

コロンブス時代に作られたフィレンツェ近郊のプラートが発祥地のお菓子。

カリッと堅くナッツの芳ばしさとほのかに甘い
シンプルなビスコッティはそのまま食べたり、
時にはカプチーノやラッテに浸して楽しんでみては。


<チーズサブレ/Cheese Sable>
cheese.jpg

パルメザンチーズのいい香りがたまらないサクサクのサブレ。

香ばしいチーズの香りとピリっとしたカイエンペッパーのお菓子は、
ワインやビールのおつまみにも合うサブレです。


※商品写真は、MORIHICOのwebsiteよりお借りしています。
※商品の説明文は、MORIHICOのwebsiteに掲載されているものを一部編集して使用しています。



どれも混じり気の無い、素直な素材の味が活きた上質なお菓子たちです。

香り高いコーヒーや紅茶、ワインなど一緒にお楽しみ頂ければと思います♪♪

なお、数に限りがありますので、売り切れの際はご了承下さい。。


hatsuyukiが始まって、最初の週末を迎えています。
大分も冷え込んでいますが、札幌市内でもそろそろ初雪が降りそうだとか。

さて今日は、北海道の甘いものをご紹介します!

こちらは十勝産の小麦を外皮(ふすま)ごと石臼で挽いた、
全粒小麦粉を使用した十勝ブランミックスです。

IMG_209.jpg

ナチュラルの方は、甘さ控えめなシンプルホットケーキに。

黒豆入りの方は砂糖無添加なので、お野菜やソーセージなどと一緒に
お食事としてもお召し上がれます。

chillout cookさんのジャムとの相性もバツグンです!

ベーキングパウダーは、アルミニウムフリーのものを使用し、
小麦だけでなく、使用している砂糖や塩にまでこだわっています。

カラダにも美味しいホットケーキをどうぞ!

IMG_2082.jpg

札幌市の円山動物園のオフィシャル商品でもある、
しろくま「ピリカ」の生キャラメルです。

北海道産の生クリームを使用したホワイトチョコレートがベースになっています。


こちらのモデルになっているしろくまの「ピリカ」、
母親の「ララ」はなんと別府のラクテンチ出身なんだとか!

そして札幌でこのキャラメルを作られているメーカーさんの
代表の方は、何と別府出身の方でした。

意外な所に大分と北海道の繋がりがありました…


話がそれましたが、こちらのキャラメル、
常温での保存も出来ますが、とても柔らかいので、
冷凍庫で冷やして食べるのがオススメです!

ぜひお試し下さい〜◎


さてさて、最後に1つお知らせを。

------------------------------------------------------------------

毎月8の付く日は、「wazawazaの日」ということで、
それぞれのお店でオトクなサービスが受けられます。

ミハルスでは、1,000円以上お買い上げのお客様に、
白い恋人をプレゼントしたいと思います!


個数に限りがありますので、品切れの場合はご了承下さい。。

------------------------------------------------------------------

皆様のご来店をお待ちしております◎

選び抜いた良質な北海道の素材でジャムとパテを作られている
chillout cookさんから、本日ジャムが届きました!

出来立てフレッシュな手作りジャムです!

chillout cook

本日届いたのはこちらの3種。

IMG_2115.jpg

<プルーンとレーズンのジャム>
北海道産のフレッシュプルーンとオーガニックサルタナレーズンを合わせ、
シナモンを効かせた秋風味のジャム。

チーズとの相性バツグン!

IMG_2130.jpg

<リュバーブとアールグレイのジャム>
北海道虻田郡洞爺湖町産のリュバーブとオーガニックの
アールグレイを使用した、爽やかな風味のジャム。

ヨーグルトと合わせるのがオススメです。

※リュバーブ
フキの様な見た目の野菜。青リンゴのような酸味があるので砂糖との相性がとても良く、
フランスではサラダに入れたり、タルトやジャムにしてよく食べられる食材。


IMG_2121.jpg

<ペアとストロベリーのジャム>
北海道産の洋ナシとイチゴを合わせた乙女のジャム。

スコーンやホットケーキに添えてみて下さい♪


どちらのジャムも、素材の風味の活きたオトナのジャムです。
紅茶やワイン、その他洋酒との相性もすごく良さそうです!

それぞれ個数に限りがありますので、売り切れの場合はご了承下さい。。

来週中にはパテも届く予定ですので、そちらもお楽しみに♪




<年内の企画>

11/9(金)~23(金)
「Miharus Archives ナガイキロク」
@ the bridge

11/15(木)~25(日)
「hatsuyuki -北海道のつくりてたちからの、ふゆのお知らせ。-」
@ Miharus_Room201

12/7(金)~16(日) ※7日夜にオープニングイベント有り(参加無料)
「阿南維也展」
@ MIharus_Room201



北海道の作家モノやお菓子等を集めた企画展が、
いよいよ本日よりスタートしました!

会期中、商品や作家さんを少しずつピックアップしてご紹介します。

最初のピックアップはこちらの商品。

wrap_wrap_img01.jpg

ウッドを基軸に展開するブランド「to・mo・ni(トモニ)」の
wrapqraw [ラプカル]という商品です。

IMG_2053.jpg

いったい何に使うものなのかと言うと…
余ったコードをスマートに収納できるコードマネージャーなのです。

wrap_wrap_img02.jpg

サイズはS・M・Lの3種類。

Sサイズは、ヘッドフォンやイヤフォンなどの細めのコードに。
Mサイズは、マウスなどのパソコン周辺機器に使われる中太コードに。
Lサイズは、一般的な太めの電源コードに向いたサイズとなっています。


試しに実際に巻いてみたのですが、
“くびれ”の部分にキュっとコードが収まってくれるので、
とても使いやすかったです。

まさに実用性とデザイン性を兼ね備えた素敵なアクセサリー。

サイズ、カラーに限りがありますので、気になる方はお早めに。


「to・mo・ni」official site




<年内の企画>
11/9(金)~23(金)
「Miharus Archives ナガイキロク」
@ the bridge

11/15(木)~25(日)
「hatsuyuki -北海道のつくりてたちからの、ふゆのお知らせ。-」
@ Miharus_Room201

12/7(金)~16(日) ※7日夜にオープニングイベント有り(参加無料)
「阿南維也展」
@ MIharus_Room201