【小林陽子/ Kobayashi Yoko】

写真

<略歴>
1975年 大分県別府市生まれ
1998年 京都市立芸術大学 美術学部工芸科陶磁器専攻 卒業
    清水焼 共有窯での制作と陶芸教室講師を経て、2000年 別府市に築窯
2001年 画廊スタッフとして勤務 (~2010年)
2009年 日出町に築窯、現在に至る

<個展>
2001年 日々ノ器 (積水ハウス別府ギャラリー/大分)
2002年 百絵皿展(CRAFT&GALLERY彩花/大分)
2002年 小林陽子展『陶あかり』(みさき画廊/大分)
2003年 ‐あかり・オブジェ‐ 小林陽子 陶展 (みさき画廊)
2004年 小林陽子 陶展 (みさき画廊)
2005年 小林陽子 陶展 (みさき画廊)
2009年 - Forest Notes - 小林陽子 陶展 (みさき画廊)
2011年 春の風景 - 陶あかり・卓上オブジェ - (Cafeそら)
2011年 - JIHADA - 小林陽子 器展 (みさき画廊)
2011年 小林陽子 作陶展 (工藝きもの こいきや/大分)

<グループ展・イベント・その他>
2001年 アロマポット・インセンスホルダー展 (CRAFT&GALLERY彩花)
2002年 染とあかり二人展 (積水ハウス別府ギャラリー)
2006年~2011年 12月の贈りもの (みさき画廊)
2010年 cafeの器 (Cafeそら/大分)
2007年より「nekonosara -ねこのさら-」販売

<blog>
小林陽子 作品集 Blog「土音」

IMG_0727.jpg

DSCN9389.jpg

器店では、なかむら葉子さんとのコラボ器「hocora」以外にも、
燭台やモクレンの花をモチーフにした器が並んでいます。

【なかむら葉子/Nakamura Yoko】

utuwa-001.jpg

イラストレーター

1972年福岡県生まれ 大分市在住 2児の母(8歳・11歳)
九州造形短期大学デザイン学科卒業後、
中学講師・印刷会社・デザイン会社を経て
2005年よりフリーで活動開始

奥が深~いのにくすっと笑える、そしてどこか憎めないような
世界を描きたいです。目指せ!かわいくて暗い世界。


<受賞歴>

2009年 『イラ通』イラストレーション・コンペ  1次選考通過
2009年  第8回東京イラストレーターズソサエティ公募 入選
2010年  第10回ギャラリーハウスマヤ 装画コンペティション 入選
2011年  第11回ギャラリーハウスマヤ 装画コンペティション 入選
2011年  第3回イラストレーターズ通信コンペ 金賞受賞

<exhibition>

2005年 大分インフォメーションハウスにて初個展
2005年 大分デイズアートショップにて「ゆるりと流れる時間」
2006年 湯布院ギャラリーブルーバレンにて「夢見る女の子と恋する男の子」展
2006年 別府ギャラリー縁にて「笑いのつぼ」展
2007年 湯布院ギャラリーブルーバレンにて 「妖精の森」展
2008年 久住ダルヴィーダにて美術家二宮敏泰との二人展「森の言の葉」
2008年 東京ギャラリーDAZZLEにてグループ展 「VIVA ITALIA」展参加
2008年 東京山脇ギャラリーにて 日本イラストレーター協会展参加
2009年 別府杉の井ホテルにて「森を泳ぐ」展
2009年 東京ギャラリーDAZZLEにて個展 「ちょっぴり腹黒妄想日記」
2010年 東京OPAギャラリーにてグループ展「子どもと遊び2」
2010年 東京ミレーじゃギャラリーにてグループ展「浪漫ロマン」 
2011年 東京HBギャラリーにて個展「おしゃべりなフォルム」
2012年 東京OPAギャラリーにて藤沢さだみさんとの二人展「おしゃれ日和」

<website>
なかむら葉子のillustration cafe

DSCN9378.jpg

器店では、なかむら葉子さんがプロデュースして、
陶芸家の小林陽子さんが作られた器シリーズ「hocora」の
ボウルや小皿が並んでいます。

【小川陽子/Ogawa Yoko】

DSC_0219.jpg

2011年3月
大分県立芸術文化短期大学専攻科造形専攻卒業。学士修得。

現在芸短大竹田キャンパスにて制作。

不定期で竹田・直入などでワークショップなども行っています。

DSCN9372.jpg

DSCN9369.jpg

器店では、マグカップやボウル、箸置きなどがならんでいます。

【北村忠裕/Kitamura Tadahiro】

北村写真

1976年 
大分県生まれ

2006年
佐賀県立有田窯業大学校卒業後、佐賀県三瀬のどんぐり村内陶芸館の管理を務める

2008年
大分に帰郷

2009年
大分市内に工房を構え、「ふと見上げるとそこに居て、ほっとする。
手にとってくれた人の思い出に加われるような一品。」を目指し、本格的に作陶を開始。

<blog>
北村忠裕のドタバタ陶芸記

IMG_0703.jpg

器店では、豆皿や小鉢、飯碗などが並んでいます。


現在開催中の企画「器店」の7名の参加作家さんを紹介してきます!

【水谷和音/Mizutani Kazune】

DSC08656re.jpg

1988年 熊本県生まれ
2009年 大分県立芸術文化短期大学 美術科デザイン専攻工芸コース卒業
2011年 大分県立芸術文化短期大学 専攻科造形専攻修了
現在- 門司港にて活動中

<website>
http://zuneuniuni.jimdo.com/

DSCN9334.jpg

透明感のある白磁に、水色のラインが映える器。

DSCN9422.jpg

手書きのイラストがそのまま絵柄になったような大胆さが魅力です。

器店では、小さなお猪口やボウルなどが並んでいます!